子どもがいるのですが、マンションは音が響いてしまうでしょうか?

マンション購入
高山吏司

高山吏司

富裕層向けの実需・投資両面での不動産コンサルティングや金融機関向けの講師や書籍の執筆等も経験する「専門家エージェント」。住宅の売買のみならず施工業者や建物企画の評価、年代毎のマーケット状況等にも精通。兼業として小学校受験を中心とした幼児教育に関するコンサルティング事業を展開しており、教育に関するアドバイスも可能。

マンションの構造や部屋の位置によりますが、1階部分であれば足音は響きにくく、あまり気にせずに子どもを遊ばせられるでしょう。

とはいえ、音は壁伝いにも響くことがあります。子どもの遊び場となる共用施設があるマンションならば、それらの施設を利用することで日中気兼ねなく走り回ることも可能です。

また、ラグをひいたり、タイルカーペットなどで足音を軽減する方法もあります。 リノベーションなどで天井コンクリートあらわしにすると、見栄えはとてもよいのですが、階を隔てる空間がなくなる分、上下階の音が聞こえやすくなることがあります。

マンションの管理規約によって、楽器演奏の時間帯などが指定されている場合や、音が反響しやすいエントランスホールや中庭での追いかけっこなどが禁止されているマンションもありますので、気になる方は事前にエージェントから管理会社へヒアリングをしてもらうことが確実です。

マンション購入に関するお悩みを不動産のプロと一緒に解決しませんか?

もしも今あなたがマンションの購入について

  • 物件を見れば見るほど家探しが難航してきた…
  • オンリーワンの物件を探すために何から始めたら良いかを教えて欲しい…
  • 選択肢がありすぎて条件の絞り込みが出来ない…

などのお悩みがある場合には、エージェント提案型の家探しサイト「Agently」で不動産のプロと一緒に家探しを始めてみませんか?

豊富な実績やスキルを持つエージェントがあなたにあった物件情報を紹介してくれます。登録は無料でどなたでも気軽にはじめられます。あなたにとってベストな家探しをスタートさせましょう。

関連するみんなの相談

マンション購入でよくある失敗談や後悔したことについて教えてください。

よくある失敗談としてお聞きするのは、 ・住んでみたら間取りが使いにくかった・設備の不具合によるトラブル・上下階や道路などの騒音トラブルですね。 間取りについては、内覧時にエージェントの意見を聞いておくことが大切です。騒音については、例えば休日にしか物件を見に行っていなかったために、平日の交通量(音)が多いことに気づかなかった。平日はトラックが走っていて、騒がしくなることがある、といった誤算によるもので、事前に防ぐことができる後悔です。購入前にかならず時間帯や曜日を変えてチェックするようにしましょう。 また、購入したあとに水回りなどで故障がでてくる、というケースもあります。通常の売買契約であれば7日間は瑕疵担保責任の範囲で売主に請求が可能な場合がありますが、期限を過ぎてしまってからは、自費で修理しなければなりません。設備が古い場合(10年以上目安)は、自分たちが住み始めてから取り替える必要があることも考慮して購入しましょう。 加えて、家の買い方については、住宅ローンを急いで決めてしまった方は、もっとよい条件のものがあったのに!とあとから後悔される方もいらっしゃいます。事前審査は簡単に出せますので、契約後に急いで決めるのではなく、物件が絞れた頃から3つ以上の銀行を比較検討して早めに審査を出しておくとよいでしょう。

神田優

人気の相談 Top5

わが家にとってベストなエリアはどう選べばいいの?

エリア選びは難しいですよね。 まずはじめに、家探しは「エリア・予算・広さ」の3点の中でバランスをとることが大事だと言われています。選択肢を広げすぎるとかえって悩んでしまい決められないことが多いため、ご自身の知っているエリアや最初に想定していたエリアで、この3つのバランスが成り立つのであれば無理にエリアを広げる必要はありません。 そのうえで、予算と広さの希望をかなえるために、「エリアを広げて探してみよう」という場合は以下のように探してみることをおすすめします。 優先したい暮らしの条件を挙げてみる(職場へのアクセス、教育環境、緑、資産性など)上記の中でざっくりとでも、優先順位を決める上記がかなえられるエリアを、交通アクセスなら路線、資産性であれば再開発のエリアや複数路線が走っているところなどから探していく エリアに詳しくなく、③が難しい場合は、希望のエリアイメージをAgentlyで伝えてみると、提案がもらえるので試してみてくださいね。

TsutomuNarisawaのプロフィール写真成澤勉

マンションを買うのにベストな時期はいつ?

一般に、家探しシーズンといわれる1〜3月は物件の流通量が多くなりますので、「買う時期」というよりも、「家探しをスタートする時期」としてぴったりなのは年明けからだと言われています。 ですが、それ以外の時期にいい物件が出ない、というわけでは決してありません。 住宅購入は大きな買い物ですから、思い立った時にまずは相談からはじめて、じっくりと情報収集していただくことをおすすめします。 中古マンションでは、市場に出た個人や企業が持っている物件を購入する形となります。家を売る理由は本当にさまざまですので、いい物件が出る時期は読めないうえに、一度市場に出たら数日でとられてしまうようなこともあります。「こんな条件が出たら買おう!」と事前に決めておくことが大事です。 また、新築マンションの場合は、売り主はマンションを建てたデベロッパーであることがほとんどです。その会社の決算期が近くなると家具や家電などのキャンペーンが増えることがありますが、最近では新築の供給自体が減っておりいい住戸は早めに売り切れてしまうこともありますので、ほしい物件であれば時期を気にせず早めに問い合わせてみることをおすすめします。

NatsuoWatanabeのプロフィール写真渡邊夏男

マンション購入の頭金の決め方は?目安はあるの?

昔と違い、現在は頭金は0円でも購入できます。目安はありませんが、自営業や経営者の方は1割や2割の準備を必須とする金融機関もあります。 頭金0円の場合 メリット:手元に現金を多く残せるデメリット:金利が高くなる可能性がある、住宅ローンの借入額が多くなるため支払う利息も多くなる 頭金を入れる場合 メリット:支払う利息が少なくなる、借入額が少なくなるため審査が通りやすくなるデメリット:手元に残る現金が減る 今は空前の低金利の時代ですから、無理に頭金を多く入れる必要はありません。頭金を入れることに拘り、その後緊急時に手元に現金がなく別の借り入れをしてしまうのでは本末転倒です。 また、頭金は最低限にして、残った現金を運用したほうが、頭金を入れて利息を浮かせるよりも得になる場合もあるので、ファイナンシャルプランナーなどにライフプランから資金計画を相談するとよいでしょう。

Ryomizuchiのプロフィール写真水智崚