不動産の媒介契約、専任一般、どちらがいい?メリットとデメリット

家の売却をする際、売却活動を依頼する不動産会社と結ぶ「媒介契約」。
もっとも多いのは「専属専任媒介契約」とされているものの、他にも契約の種類があり、それぞれにできること・できないことがあります。

契約期間が定められているものもあるため、メリット・デメリットを理解して契約を結びましょう。

媒介契約とは?

個人が所有する不動産をインターネット広告や折込チラシなどを利用して広く買主を募る場合、たいていの場合はどこかの不動産仲介会社に売却活動を依頼するのが一般的です。
その際、不動産仲介会社に売却活動を依頼する契約のことを「媒介契約」と言います。これは宅地建物取引業法に基づいた契約であり、売却を依頼した売主と宅地建物取引業者(不動産仲介会社のこと)の双方にいくつかの制限と義務が発生します。

媒介契約は3種類

専属専任媒介専任媒介一般媒介
複数の不動産会社への依頼できないできる
自分で買主を見つける自己発見取引できないできるできる
媒介契約期間3ヶ月以内決まりなし
レインズへの登録義務5日以内7日以内決まりなし
売主への報告義務1週間に1回以上2週間に1回以上決まりなし

専属専任媒介・専任媒介とは

定義専属専任媒介および専任媒介のもっとも大きな特徴は、契約ができる不動産仲介会社が1社に限られることです。
1社の不動産仲介会社にのみ媒介契約を締結して、売却活動についてはその1社だけが専念して行うことになります。

ただし、専属専任媒介および専任媒介の場合、媒介契約を締結した後、不動産仲介会社は一定期間内に指定流通機構(REINS)に物件情報を登録する義務が発生します(専属専任媒介は5営業日以内、専任媒介は7営業日以内)。そうして物件情報がREINSに登録されると同時に、他の不動産会社も自社の購入検討客へ物件情報を紹介できるようになります

売主への窓口は前述した通り「1社のみ」ではあるものの、買うための窓口に関してはREINS登録後に日本全国の不動産会社が対象となるため、契約すると売るも買うも1社のみ、となるわけではありません。

また専属専任媒介および専任媒介の場合、販売活動の状況を定期的に売主へ報告する義務が課せられます(専属専任媒介の場合は1週間に1回以上の頻度、専任媒介の場合は2週間に1回以上の頻度)。

専属専任媒介と専任媒介の違いは?

専属専任と専任の違いは、「自己発見取引が可能か否か」という点にあります。

自己発見取引とは、売主が自ら売却活動(インターネット広告や、折り込みチラシ、知り合いからの紹介など)を行い、その成果によって買主を自身で発見し仲介会社を挟まずに物件の売買を成立させることです。

ただし、不動産知識の少ない個人同士の売買契約は後々トラブルに発展するリスクが高いため、実際には仲介手数料をディスカウントして仲介会社が間に入り売買契約を締結するパターンが多いです。そのため、自己発見取引自体がレアケースといえます。

そのため、「自己発見取引が可能かどうか」という点については現状の予定になければ特に気にせず、専属専任媒介契約を選択する方が多いです。

<専属専任媒介・専任媒介>メリットとデメリット

「専属」という文字通り、1社と深く付き合うことで得られるメリットがあります。

<メリット>コミュニケーションを一本化できる
1社にのみ売却活動を依頼することで、やりとりをするエージェントを一本化することができ、内覧日の日程調整や条件調整などの煩わしい連絡を最低限に抑えることができます。

仮に購入希望者から申し込みが重なった場合も、1人のエージェントから複数の購入希望者の条件や属性を並行してヒアリング出来るため、より良い条件を提示する買主と売買契約を締結することができます。

<メリット>積極的に売り込んでもらえる
仲介会社としても少なくとも売主から貰える仲介手数料分(成約価格×3%+6万円+消費税)が確保出来るため、積極的に先行コストを掛けてWeb広告や新聞折り込みチラシ等に取り組むというインセンティブが働きやすくなります。

<デメリット>契約期間満了まで他に依頼ができない
その反面、経験の浅いエージェントや、販売意欲の低いエージェント、自社の顧客にしか情報を公開しないエージェント(いわゆる「囲い込み」と呼ばれる行為。宅建業法では禁止されている)などに当たってしまった場合は、最長3ヶ月間は媒介契約期間が続くため、最も注目度が高まる情報の出始めの時期を十分に活かしきれない可能性があります。

専属専任媒介や専任媒介契約を結ぶ際は、初回のコンタクト時から会社の評判やエージェントの人間性などをしっかり見極める必要があるでしょう。

一般媒介とは

一般媒介契約では、複数の不動産仲介会社へ同時に媒介契約を依頼することが可能です。不動産仲介会社にとっては生じる義務が最も少ない媒介契約になります。

前述の指定流通機構(REINS)に物件情報を登録する義務もなく、売主への販売活動状況の定期報告義務も課せられません。買主を見つけて売買を成立させた不動産仲介会社のみが仲介手数料を売主から得られるため、何社の不動産仲介会社が競合していたとしても、最終的に売買契約に携われるのは1社のみになります。

<一般媒介>メリットとデメリット

<メリット>短期決戦で買い手がつきやすい
前述の専属専任媒介・専任媒介と異なり、複数社に販売活動を依頼することができるため、販売開始初期の時期には、各社が一斉に自社の顧客達へアプローチを行うことで、価格さえ適正であれば短期決戦で買い手が付きやすいのが最大のメリットです。

人気物件や良い条件の物件の場合は、一般媒介でひろく買い手を集め、もっとも良い条件の買主と契約することができるでしょう。

<デメリット>長引いた場合、価格交渉が入りやすい

どうしても急いで売りたい場合には比較的効果が得られやすい反面、レインズや各種ポータルサイト(suumo、athome等)など、市場に情報が公開・浸透して一定期間が過ぎても買い手が現れないと、日々のノルマに追われる各社エージェントは「より成約可能性の高い別の物件」の販売に注力していくため、優先順位が低くなっていきます。(複数社に依頼しても、仲介手数料を得られる仲介会社は売買を成約させた1社のみ。コストと時間を掛けても一般媒介で競合する会社が多いほど無駄仕事になる可能性が高まります。)

そのため、公開する価格自体の値下げ提案や、価格交渉前提の購入申込みが入りやすくなる点がデメリットと言えます。

売るときにおさえておきたいポイント

条件の優先順位を明確にしてから契約する

上記の媒介契約のそれぞれの特性を踏まえると、売主それぞれの置かれた状況(買い替え、資産処分、相続、離婚、転勤など)や、不動産取引の経験度合いに応じて適した契約の種類は変わることがわかります。

ただし、前述したようにエージェント側には売主側からの仲介手数料も確保したいというインセンティブが働くため、専属専任媒介・専任媒介契約を提案することが多いです。その傾向を知った上で、売りたい条件を明確にし、優先順位をつけておくことでよりフラットに最適な契約種別を選ぶことができるでしょう。

エージェント選びも大切

ほとんどの方が初心者である不動産取引において、今現在の売主の状況を丁寧にヒアリングし、売却背景や希望を考慮した上で、売主の代わりに何が得策かを提案するのがそもそも不動産エージェントが存在する意義です。

そのため、不動産を扱うプロとしてエリア情報を熟知し、知識と販売ノウハウと実績がある、自分が信頼できるエージェントに出会えるまで、エージェント探しを続けることはとても大切です。

また、各不動産仲介会社は専属専任媒介および専任媒介の場合に特典を設けているケースが多く、引き渡し後の手厚いアフターサービスや、瑕疵・設備の不具合などが発生した場合の保証、あるいはハウスクリーニング、レンタル家具によるホームステージングなど、成約可能性を高めてくれるサービスなども用意されています。

各社のエージェントの提案、付帯サービスや特典等の条件を総合的に比較した上で、専属専任媒介あるいは専任媒介を選択することで、より満足な売却活動ができるでしょう。

“買う側”として意識しておくべきことは?

購入する側としては売主の媒介契約が専属専任媒介、専任媒介、一般媒介のいずれであったとしても、購入後に不利になることや媒介種別によるデメリットは特段ありません。

それよりも、自分が買主として仲介を依頼する不動産仲介会社は、将来的に売主とトラブルが発生した時には自分に代わって相手方と交渉や条件調整を行う立場であることを念頭に、仲介を依頼することが大切です。

その点を十分に考慮して、交渉力があるエージェントなのか、あるいは本当に売主・買主それぞれの間に中立的な立場で立ってくれるかどうかを見極める必要があるでしょう。

不動産のプロと一緒にあなたに合った物件を探してみませんか?

家探しにお悩みなら、エージェント提案型の家探しサイト「Agently」を活用してみませんか?

Agentlyなら、

  • 不動産のプロがあなたにあった物件情報を直接提案
  • 個人情報を開示せずに家探しができる
  • 希望条件・希望エリアに強いエージェントを選択できる

など家探しの課題をプロが解決してくれます。登録は無料でどなたでも気軽にはじめられます。この機会にぜひあなたにぴったりな家探しをスタートさせましょう。

おうち大学

人気の相談 Top5

わが家にとってベストなエリアはどう選べばいいの?

エリア選びは難しいですよね。 まずはじめに、家探しは「エリア・予算・広さ」の3点の中でバランスをとることが大事だと言われています。選択肢を広げすぎるとかえって悩んでしまい決められないことが多いため、ご自身の知っているエリアや最初に想定していたエリアで、この3つのバランスが成り立つのであれば無理にエリアを広げる必要はありません。 そのうえで、予算と広さの希望をかなえるために、「エリアを広げて探してみよう」という場合は以下のように探してみることをおすすめします。 優先したい暮らしの条件を挙げてみる(職場へのアクセス、教育環境、緑、資産性など)上記の中でざっくりとでも、優先順位を決める上記がかなえられるエリアを、交通アクセスなら路線、資産性であれば再開発のエリアや複数路線が走っているところなどから探していく エリアに詳しくなく、③が難しい場合は、希望のエリアイメージをAgentlyで伝えてみると、提案がもらえるので試してみてくださいね。

TsutomuNarisawaのプロフィール写真成澤勉

マンションを買うのにベストな時期はいつ?

一般に、家探しシーズンといわれる1〜3月は物件の流通量が多くなりますので、「買う時期」というよりも、「家探しをスタートする時期」としてぴったりなのは年明けからだと言われています。 ですが、それ以外の時期にいい物件が出ない、というわけでは決してありません。 住宅購入は大きな買い物ですから、思い立った時にまずは相談からはじめて、じっくりと情報収集していただくことをおすすめします。 中古マンションでは、市場に出た個人や企業が持っている物件を購入する形となります。家を売る理由は本当にさまざまですので、いい物件が出る時期は読めないうえに、一度市場に出たら数日でとられてしまうようなこともあります。「こんな条件が出たら買おう!」と事前に決めておくことが大事です。 また、新築マンションの場合は、売り主はマンションを建てたデベロッパーであることがほとんどです。その会社の決算期が近くなると家具や家電などのキャンペーンが増えることがありますが、最近では新築の供給自体が減っておりいい住戸は早めに売り切れてしまうこともありますので、ほしい物件であれば時期を気にせず早めに問い合わせてみることをおすすめします。

NatsuoWatanabeのプロフィール写真渡邊夏男

マンション購入の頭金の決め方は?目安はあるの?

昔と違い、現在は頭金は0円でも購入できます。目安はありませんが、自営業や経営者の方は1割や2割の準備を必須とする金融機関もあります。 頭金0円の場合 メリット:手元に現金を多く残せるデメリット:金利が高くなる可能性がある、住宅ローンの借入額が多くなるため支払う利息も多くなる 頭金を入れる場合 メリット:支払う利息が少なくなる、借入額が少なくなるため審査が通りやすくなるデメリット:手元に残る現金が減る 今は空前の低金利の時代ですから、無理に頭金を多く入れる必要はありません。頭金を入れることに拘り、その後緊急時に手元に現金がなく別の借り入れをしてしまうのでは本末転倒です。 また、頭金は最低限にして、残った現金を運用したほうが、頭金を入れて利息を浮かせるよりも得になる場合もあるので、ファイナンシャルプランナーなどにライフプランから資金計画を相談するとよいでしょう。

Ryomizuchiのプロフィール写真水智崚

最近追加されたみんなの相談

子どもがいるのですが、マンションは音が響いてしまうでしょうか?

マンションの構造や部屋の位置によりますが、1階部分であれば足音は響きにくく、あまり気にせずに子どもを遊ばせられるでしょう。 とはいえ、音は壁伝いにも響くことがあります。子どもの遊び場となる共用施設があるマンションならば、それらの施設を利用することで日中気兼ねなく走り回ることも可能です。 また、ラグをひいたり、タイルカーペットなどで足音を軽減する方法もあります。 リノベーションなどで天井コンクリートあらわしにすると、見栄えはとてもよいのですが、階を隔てる空間がなくなる分、上下階の音が聞こえやすくなることがあります。 マンションの管理規約によって、楽器演奏の時間帯などが指定されている場合や、音が反響しやすいエントランスホールや中庭での追いかけっこなどが禁止されているマンションもありますので、気になる方は事前にエージェントから管理会社へヒアリングをしてもらうことが確実です。

SatoshiTakayamaのプロフィール写真高山吏司

見学から購入まで、おおまかなスケジュールを教えてください。

中古マンション・中古戸建ての場合、探し始めから引き渡しまでのスケジュールは、意外とスピーディーです。 ■家探しの前準備・予算や資金計画を決める・物件の条件を決める・SUUMOなどで気になる物件をリストアップし、相場観をつかむ ■物件の内覧・候補物件の内覧(2〜3物件程度見ることが多い) ■申し込み〜契約(1週間〜1ヶ月程度)・売主へ買付申込書を提出(内覧に行った即日に送るケースも)・売主と合意がとれたら契約日の設定へ・住宅ローンの仮審査を済ませる(数日〜2週間)・売買契約を締結する・売主との間で決済日(引き渡しの日)を決める・住宅ローンの本審査を通し、住宅ローン契約を進める(1週間〜3週間)・決済日に、金融機関にて物件代金の支払いと、引き渡しをおこなう 特に慌ただしくなるのが、買付の申込みをしてから決済までの期間です。住宅ローンの本審査のために金融機関に行ったり、源泉徴収票や確定申告書などの審査書類を集めたり、対面で決済をしたりなど、手続きも増えていきます。税務署など、平日に時間をつくって取りに行かなければならないケースもあるため、あらかじめ用意しておくものをエージェントに確認しておくとスムーズでしょう。 また、余談ですが内覧については必ず意思決定をおこなう方全員(ご夫婦ならばお二人揃って)で行く、もしくは一緒に見に行こう、と思えるような物件をまず見つけることをおすすめします。物件をご夫婦のどちらかが気に入り単独で内覧に行った場合、実際に買付の申込みを出す段階で「やっぱりここが気になる」「ここもチェックしたい」と、内覧に行っていない方が躊躇してしまうことが多いです。そうして時間をかけてゆっくり決めた結果、満足できる物件が購入できる場合はよいですが、近年は特によい物件ほど速く売れてしまうため、買い逃して後悔される方もいらっしゃいます。 物件を一緒に見て回れば、その過程で自然とご家族の意見がまとまっていきますので、ぜひ内覧は意思決定をされる方みんなで行ってくださいね。

SatoshiTakayamaのプロフィール写真高山吏司

車のローンがあるのですが、住宅ローンは組めますか?

車などのローンがある状態でも、住宅ローンは組めます。 ただし、限られた与信枠の中の一部を車のローンに使っている状態で新たに住宅ローンを借りるため、車のローンがない場合と比べて借入れの上限額は減るケースが多いです。 場合によっては、融資までに完済を求められたり、返済期間に遅延がない事が条件となる場合もあります。事前準備として、返済の詳細な情報が確認できる「返済予定表(償還予定表)」を用意しておきましょう。

KaikiKogureのプロフィール写真小暮海貴

50代でマンションを購入するうえでの注意点を教えてください。

おもな注意点としては、住宅ローンの完済時期があげられます。 住宅ローンの借入条件として80歳までに完済することを前提としている金融機関がほとんどのため、ご年齢によっては返済期間を30年以内にしなければなりません。   完済期間を短くすると、その分月々の支払い額が上がります。期間が短ければ最終的に支払う利息額も減りますが、老後資金を考慮していくらを毎月の支払額に設定するのか、ライフプランから考えていただくとよいでしょう。 また、健康上の理由で住宅ローンの審査がおりにくくなることもあります。団体信用生命保険などに条件がつくだけの場合もありますが、金融機関や提携の保険会社によってその基準は異なりますので、ご不安な方は複数の金融機関に審査を通していただくことをおすすめします。

YukioYamaguchiのプロフィール写真山口幸夫

20代でマンションを購入するうえでの注意点をおしえてください。

20代で購入される方は、特に今後ライフスタイルや勤務地が変わる可能性が他の年代に比べ て高いため、いざとなったらすぐに「売れる・貸せる」流動性が高いマンションを選んでおいたほうがよいでしょう。 また、たとえ年収が高くても今の会社への勤務歴 が浅いと住宅ローンの審査上不利になることがあります。在籍3年程度経っていれば問題ありません。とはいえ、一昔前と違い現在は転職が当たり前の世の中となっているため、金融機関によっては1年や半年の在籍でも審査可能です。 なお、独身の方の場合は既婚の方より審査が厳しいことと、20代で先に投資用マンションをローンで購入される方もいますが、その後自己居住用での住宅ローンが簡単には組めなくなるので、注意が必要です。

Ryomizuchiのプロフィール写真水智崚

お金のことや過ごしやすさなど、どうするべきか迷ったら

物件購入ナレッジ

2021-09-07

今の年収で購入できるマンションの目安は?年収別に計算してみた結果

2021-09-16

【保存版】マンションの間取り完全ガイド|失敗を防ぐ選び方とは

2021-08-13

【事例あり】中古マンションは値引き交渉すべき!失敗しないコツを解説

2021-08-13

マンションと一戸建て、買うならどっち?費用と住環境16項目を比較

2021-08-25

中古マンション購入で失敗を防ぐ注意点【チェックリスト付】